momoの日常

犬・猫、美味しいもの、お出かけ大好き!子育てに奮闘するママのブログです♪

愛犬のパピプーについて

 

こんにちは!momoです^^

 

今日は実家にいるワンちゃんのご紹介です♪

 

パピヨンとトイプードルのミックス犬、いわゆるパピプーです♡

 

f:id:Momokoji:20180213135019p:plain

 

お名前は、あっこです♀

口、お腹、手足の先が白くなっているのがチャームポイント♡

子犬の頃にペットショップで家族全員が一目ぼれしました♪

 

家族みんなのことが大好きで、私が実家に帰るともう大騒ぎ(汗)

油断すると、テーブルの脚などで頭強打してしまいます、、、

 

 

もう10歳なので、少しずつ体にも異変が出てきています。

 

あっこにみられるのは、トイプードルやマルチーズなどの小型犬に

よくみられる病気で膝蓋骨脱臼というものです。

 

これは、犬の後ろ足の膝のお皿が、正常な位置から外れてしまう病気です。

 

あっこは、散歩へ行って走り回ったり、ぴょんぴょん高く飛び跳ねたりすることが

大好きなのですが、そうした後にケンケンするようになることが増えてきました。

時たま、キャンっと痛そうに声をあげることも、、、

すぐに病院へ連れて行くと、膝蓋骨脱臼と診断されました。

 

膝蓋骨脱臼は重症度によってグレード1~4に分類され、

グレード1は、時折膝が外れるものの、すぐに正常の位置へ戻り、

日常生活に支障はきたさないレベル。

グレード4になると、常に膝が外れている状態になり、歩行困難になってしまいます。

 

あっこは幸いグレード1と診断され、手術の必要はないと言われました。

私たちにできることは、これ以上症状が悪化しないように、

日常生活を送る中で、膝が外れないように注意するしかないようです。

 

特に下記3つのことが大事です!

  • じゅうたんやマットを敷く
  • 高さのある段差に気を付ける
  • 過度な運動は避ける

 

フローリングだと、つるつる滑ってしまい、足に負担がかかってしまいます。

高さのある段差も足の負担になりますね。

 

散歩のし過ぎや走りすぎも良くないですが、適度な運動は必要です!

犬が疲れすぎない程度に運動して、膝の周りの筋肉を鍛えると

膝関節が正しい位置で固定されるので、悪化予防はもちろん、

まだ発症していない犬にとっては予防にもなります!

 

あっこもこれらのことを実践し、今はほとんど膝が外れることはなくなりました!

思いっきり走ったり、ピョンピョン飛び跳ねたり

させてあげられないのが辛いですが(涙)

 

f:id:Momokoji:20180213144131j:plain

 

いつまでもこの可愛い笑顔を見させてほしいです♡

 

 

momo