momoの日常

犬・猫、美味しいもの、お出かけ大好き!子育てに奮闘するママのブログです♪

犬と猫を一緒に飼うポイントとは!?|習性・食事・トイレについて

 

こんにちは!momoです^^ 

 

たびたびこのブログに登場していますが、

私の実家には犬1匹と猫3匹が仲良く暮らしております♡

 

f:id:Momokoji:20180309182934j:plain

 

f:id:Momokoji:20180309183024j:plain

 

家族みんなが犬と猫が大好きで、私は生まれてからずっと、

犬猫と一緒に暮らしてきました♪

 

結婚して実家を出た今が、犬猫のいない初めての生活ですヾ(。>﹏<。)ノ

 

犬も猫も大好き!!でも犬と猫が一緒に生活できるのか不安、、、

という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そんな方の参考になれば!と思い実体験をもとに

犬と猫の共同生活において注意するべきことをお話しようと思います^^

 

 

迎えるタイミング

 

大きく分けて次の4通りが考えられます。

 

・子犬・子猫を同時に

・先に成犬・後から子猫

・先に成猫・後から子犬

・どちらも成犬・成猫

 

この中で最も理想的なのは、子犬・子猫を同時に迎えることです!

 

やはり子供の時のほうが順応性が高いので、

お互いに好奇心をもって関わりあうことができます^^

2~3ヶ月までに迎えることがいいとされています。

 

次にいいのは、先に成犬・後から子猫、のパターンでしょう。

 

犬は群れを大切にする動物なので、後から子猫がやって来ても

受け入れてくれ、面倒を見てくれることが多いです^^

 

次に、先に成猫・後から子犬のパターン。

 

成猫は家を自分の縄張りと認識しているので、急に知らない動物がやってくると

縄張りを守ろうとして威嚇してしまいます。

初めは別々の生活エリアに分けるなどして、徐々に慣らしていく必要があります。

 

最後にどちらも成犬・成猫のパターン。

 

このパターンも先ほどと同じで、すぐに両者が打ち解けることを期待せず、

焦らずに少しずつ慣らしていくことが大切です。

 

 

どのパターンにも共通して、何事も先にいた子を優先する!

このことが嫉妬させない為に大切なことになります。

 

新しくきた子に早く慣れて欲しいから、ついついかまってしまいがち。

でも!ここは堪えて、先住の子を優先です^^

 

名前を呼ぶ時も、なでる時も、ご飯の時も!

こうすれば、犬の場合、自分の順位を理解できるのでさらにいいですね♪

 

犬と猫のそれぞれの習性について

 

それぞれの習性をよく理解して、

犬と猫が生活にストレスを感じないように工夫することがとても大事です。

 

犬の習性

・群れで生活する

・群れの縄張りを守る

・昼に活動する

 

猫の習性

・単独で生活する

・自分の縄張りを守る

・昼は寝ることが多い

 

もちろん、品種や個々の性格、年齢、育ってきた環境によって違いますが、

基本的な習性を理解して、対応を変えていく必要があります。

 

食事

 

キャットフード

 

猫は、目の健康維持に必要なタウリンを体内で生成することができません。

逆に犬は生成することができます。

さらに、犬はβ-カロチンからビタミンAの合成ができますが、猫はできません。

 

また、猫は犬より嗜好性を重視します。

なので、キャットフードは味が濃く、塩分も多いです。

 

以上のことから、キャットフードを食べると

タウリン・ビタミンA・ナイアシンが多く摂取でき、

高たんぱく、高カロリーな食事になります。

 

ドッグフード

 

犬の主食はたんぱく質なので、

ドッグフードには動物性たんぱく質が多く含まれます。

また、カルシウムも重要な栄養素で

1日に必要な摂取量は人間の13倍であることが分かっています。

 

以上のことから、ドッグフードを食べると

動物性たんぱく質が多く含まれ、低カロリー、高カルシウムの食事になります。

 

猫がドッグフードを食べ続けると?

 

体内で生成できない栄養素があるので、タウリン不足や栄養不足で

目の病気や心筋梗塞などの様々な病気を引き起こす原因になります。

 

犬がキャットフードを食べ続けると?

 

キャットフードは味が濃いため、塩分が多かったり、栄養素の偏りから、

肥満や高血圧、腎臓病などの内臓障害を引き起こす原因になります。

 

食事についてまとめ

 

お互いのフードをつまむ程度なら問題ありません。

 

しかし、味が濃いキャットフードの方が美味しいと感じてしまった犬が、

ドッグフードを食べなくなってしまう、というケースもあるので注意が必要です。 

 

また、慣れない他の動物が近くにいると、

落ち着いてご飯が食べられない子もいます。

 

これらを踏まえて、犬と猫で食事の場所やタイミングを分ける、

もう食べないようならお皿を下げておく、などして、

それぞれのフードを食べるように工夫が必要です。

 

リラックスして食事ができるようにしてあげたいですね♪

  

トイレ

 

トイレはそれぞれ用意する

 

猫は砂、犬はシートでトイレを用意することがほとんどなので、

これはあまり気にすることではないかもしれません。

 

ただ、猫が数匹いる場合は、その数だけ用意しましょう!

 

猫はキレイ好きなので、他の猫のニオイがするトイレは

使用したくないという子もいます。

 

そうすると、他の場所でしてしまったり、

トイレの回数が減ってしまったりする原因になります。

 

猫のトイレは犬が届かないように

 

猫のトイレに犬が届いてしまうと、砂を食べたり、

排泄物を食べたり、イタズラをしてしまうかもしれません。

 

猫のトイレは棚や台の上に置くなどの工夫をしましょう!

 

また、猫がトイレをした後は砂が床に落ちていることがありますよね。

 

その砂も犬が食べてしまってはいけないので、こまめに掃除しましょう!

 

まとめ

 

初めは大変なこともあるかもしれません。

ですが、焦らず、気長に見守っていけば大丈夫です^^

 

もっと一緒に遊んでくれたら良いのに、、、

もっと一緒に寝てくれればいいのに、、、

など、思うことはあるかもしれませんが、

それはもうその子たちの相性!

 

うちにいる猫3匹と犬1匹も、一緒に遊んだり、ずっと一緒にいたり、

なんてことはありません(笑)

 

その子達にとっていい距離感でいるんです♪

その感じがまた可愛いんですよ♡

 

私たちも、猫も犬も、みんながストレスなく幸せに暮らせるように、

思いを押し付けないようにしていきたいですね^^

 

 

読者になってくださった皆さん、最後まで読んでくださった皆さん!

いつもありがとうございます^^

 

momo