momoの日常

犬・猫、美味しいもの、お出かけ大好き!子育てに奮闘するママのブログです♪

赤ちゃんが下がらない!正産期に赤ちゃんが下がるジンクスとは!?

 

こんにちは!momoです^^

 

現在妊娠中、正産期に入り予定日まで数日となりました!

 

初めての妊娠で、自分の体の変化に驚くことばかり。

 

妊娠初期は、自分の体の中に新しい命があることなど全く実感をもてませんでしたが、つわりを経験し、少しずつお腹が膨らみ始めて、エコーでも赤ちゃんの姿が確実に大きくなっていく!

 

妊娠中期になると胎動もモニョモニョと感じ始めて、だんだん赤ちゃんがお腹にいる実感をもてるようになりました^^

 

妊娠後期の今ではお腹はパンパンにまで大きくなり、体重もみるみる増えていくことに驚きです(°Д°;

 

妊婦検診も1週間ごとに行くようになりましたが、毎回言われる言葉。

 

「赤ちゃんまだまだ下りてきてないね~予定日からは遅れそうだね」

 

あんまりお腹の中で大きくなり過ぎないで欲しい、、、

早く赤ちゃんに会いたい、、、

恐れている出産が少しずつ先延ばしになっていく、、、

 

など複雑な気持ちになります ( ;;)

同じような思いを抱える妊婦さんは多いのではないでしょうか?

 

そこで、赤ちゃんが下りてきてくれる、出産の準備を始めてくれるジンクスをまとめてみました!!

あくまでジンクスであり、個人差があります。

そんなことも言われているんだな、できることはやってみよう、くらいの軽い気持ちで試してみましょう^^

 

 

赤ちゃんが下がるとはどういうこと?

 

 

赤ちゃんは出産に備えて、おへそより下の下腹部に少しずつ移動していきます。

 

・赤ちゃんが十分に成長し、頭部を下にして骨盤部に入ろうとする

・お母さんの子宮頚管が軟らかくなり、赤ちゃんが通りやすくなる

 

この2つの条件が揃うと、お腹が下がった、という状況になります。

 

赤ちゃんが下がると、見た目からしておへそより下の部分が膨らむことが多いので、周囲の人からも、「お腹が下がってきたね」と言われることもあるかもしれません^^

 

また、赤ちゃんが下がると、今まで圧迫されていた胃がすっきりして、食欲が増すお母さんもいます。

 

赤ちゃんが骨盤にはまることで、胎動が減る場合もあります。

 

今までドコドコ動いていたのに急に減ると心配になりますね。

赤ちゃんは30分~40分サイクルで寝たり起きたりするので、1時間に何度か動いているようなら心配はありません。

 

極端に少ない場合には病院へ連絡しましょう!

 

下がってこない原因は?

 

 

頭骨盤不均衡

お母さんの骨盤が変形していたり、小さい・赤ちゃんの頭が大きいとなると、骨盤に赤ちゃんの頭がはまりにくくなります。

この場合は、事前に判断するのが難しいので、自然分娩で進めていたのに、緊急帝王切開に変更となることがあります。

 

子宮頚管・子宮口が硬い

赤ちゃんが下がってこない一番多い原因で、初産婦の方によくみられます。

これはお母さんの体質の問題であるので、自分を責めたり、焦ったりすることはありません。日常生活から改善できることもあり、ストレッチや運動を勧められることが多いです。

 

子宮筋腫などの病気の影響

子宮筋腫を持っているお母さんの場合、赤ちゃんの成長と共に、筋腫も大きくなることがあります。

そうすると、赤ちゃんが下がるときに邪魔になってしまいます。

事前に分かっていれば、予定帝王切開を選択し、出産のときに筋腫も一緒に取ってしまうケースもあります。

 

へその緒が絡みついている

へその緒が赤ちゃんの体に絡まっていて、下りてこられないということがあります。

陣痛は始まっているのに赤ちゃんが下りられないとなると、赤ちゃんが苦しくなって危険な状態になるので、緊急帝王切開になるケースもあります。

 

赤ちゃんが下がるためにできること

 

 

妊娠後期、臨月に入るとどんどん増えていく体重も気になりますし、病院の先生にも、赤ちゃんが下りてきてくれるように運動をしましょう!と促されることがあると思います。

赤ちゃんが下りてきてくれる、効果的な運動をまとめました!

 

大きなお腹を抱えての運動は、想像以上に疲れやすく、お腹が張ってしまうこともあります。

十分な休憩をとりながら無理のないよう、ゆっくりペースで行うようにしましょう^^

 

ウォーキング

天気のいい日は景色のいい公園などを散歩すると、気分転換にもなって気持ちいいですね♪ 雨の日は、ショッピングモールなどの室内を散歩するといいですよ^^

歩く振動で赤ちゃんが下がる効果があるそうです。

また、体重増加が気になる方にもウォーキングは効果的です!

1時間程度を目安にして行うといいです。

万一のときに備えて、外へ出るときは母子手帳・保険証・携帯電話は必ず持って行きましょう!

 

立つ

ただ立っているだけでも、重力で赤ちゃんが下がるそうです!

なんとなく体が重くて、座っている・寝ている時間が多い方は、まず立つ時間を作っていくといいかもしれません^^

 

スクワット

家の中で、すきま時間に手軽にできるのでいいですね^^

足をしっかり開いて膝が床と平行になるくらいまで、ゆっくり腰を下げます。

 

お腹が大きく、バランスを崩しやすいので、壁や手すりを支えにして転んでしまわないように注意しましょう!

 

あぐらで座る

足の裏どうしを合わせて座ります。

この姿勢をすると、骨盤が開くので赤ちゃんが下りやすくなります!

体が硬いとやりにくいかもしれないので、無理しないようにしましょう。

日頃から座るときはこの姿勢をとるように習慣づけるといいですね♪

 

雑巾がけ・お風呂掃除

四つん這いの姿勢・しゃがんだ姿勢は、骨盤が開きやすくなり赤ちゃんが下りやすくなります。

家の中を四つん這いで拭きまわると意外と体力も使いますね^^

部屋やお風呂もピカピカになって一石二鳥の運動です♪

 

階段の上り下り

これもかなり運動になります!

ですが、お腹が大きく足元が見えないので、階段を下りるときは踏み外さないように細心の注意が必要です。

手すりをしっかり持って、ゆっくり行いましょう。

 

お風呂でストレッチ

お湯の浮力でお腹の重みを軽減できます。

また、体が温まるので、筋肉の緊張がほぐれる・血行がよくなる・などいい効果があり、効果的にストレッチできます♪

湯船の中で、足の裏どうしを合わせてあぐらをかき、膝を床へゆっくり押さえ、骨盤を開きましょう。

 

ラズベリーリーフティー

子宮や骨盤まわりの筋肉を緩める効果があるフラガリンという成分が含まれているので、赤ちゃんが下りやすくなる効果が期待できます!

もちろん、ノンカフェインなので安心して飲むことができます^^

 

にんにく・ドライフルーツ

にんにくには腸を活発にする効果が、ドライフルーツには食物繊維が含まれているので、便秘を改善し、赤ちゃんが下りてこられる場所を作ることができます。

食べすぎると下痢になってしまうこともあるので、気をつけましょう!

 

赤ちゃんに声をかける

早く会いたいね、

そろそろ産まれてくる準備しようね、 

お母さんも頑張るから怖くないよ、

など、声をかけてあげましょう^^

赤ちゃんにはちゃんと、お母さんとお父さんの声が聞こえています♪

 

まとめ

臨月の運動は、赤ちゃんが下りてきやすいように、ということもありますが、お母さんが出産に挑む体力をつけるためにも、とても大切なものです! 

 

出産予定日が近づいてきたり、過ぎたりすると、周りから「どんな感じ?」「産まれそう?」など言われて焦ることもあるかと思います( ;;)

ですが絶対そのうち出てくるのですから、焦ることはありません!

 

赤ちゃんのタイミングを一緒に、のんびりゆったり待ちましょう^^

もうすぐ可愛い赤ちゃんに会えます♪

 

出産にも、産後にも、お母さんの体力が必要なので、今はお母さんが赤ちゃんの為、自分の為にできることを頑張りましょう!

 

 

読者になってくださった皆さん、最後まで読んでくださった皆さん!

いつもありがとうございます^^

 

momo