momoの日常

犬・猫、美味しいもの、お出かけ大好き!子育てに奮闘するママのブログです♪

内診ぐりぐりは痛い?陣痛を促進する卵膜剥離(らんまくはくり)とは!?

 

こんにちは!momoです^^

 

昨日、妊娠39週2日の妊婦検診がありました♪

お腹の赤ちゃんは元気なのですが、一向に下りてくる気配がありません( ;;)

もう予定日まであと4日、、、

 

先生が、「赤ちゃんも元気だし、焦る必要はないんだけど、ちょっと刺激しとくね~」って(゚Д゚ノ)ノ

 

それってよく聞く「内診ぐりぐり」っいうやつですか!!

すごく痛いってよくネットで見る!!

 

いきなりでびっくりしたんですが、すぐさまゆっくり息を吐き、痛みに備えました!

息を意識したことがよかったのか、痛みは感じませんでした♪

 

この刺激の効果は2日間程しか期待できないそうです。

なので、今日と明日はしっかり動くようにして!と念を押されました(°∀°)

 

陣痛が起こるのかドキドキしながら、いつもより頑張って動こうと思います!

 

今回は内診ぐりぐりとは何か?効果はどれほどなのか?記事にまとめました^^

 

 

内診ぐりぐりとは?

 

内診ぐりぐりとは、正式には「卵膜剥離(らんまくはくり)」といわれます。

出産に向けて、子宮口を刺激して、子宮口を柔らかくし、陣痛を促す処置です。

 

卵膜剥離を行う時期は、産院や医師によって様々ですが、出産予定日が近づいても、子宮口が硬い・開いていない場合や、出産にまで日にちがかかりそう・出産予定日を過ぎた場合に行われることが多いです。

もちろん、行われない場合もあります。

 

内診ぐりぐりは、出産予定日が近づいてきた妊婦検診での経過をみて行われます。

なので、前もって「この日に卵膜剥離をします」とは言われず、内診中にいきなり行われます。

 

心の準備なく、世間で痛いといわれていることをするのは怖いですね。

 

予定日が近づいていても、まだ子宮口が硬く、開いていないといわれている方は、もしかしたらそろそろ内診ぐりぐりがあるかも、、、と心構えだけでもしておくといいかもしれません!

 

内診ぐりぐりは痛いの?

 

 

痛みの感じ方は人それぞれのようです。

先ほども書いた通り、心の準備なくいきなりぐりぐりされるので、思わず力が入って痛みを感じてしまうのかもしれません。

 

痛くて冷や汗をかいた、ぐりぐり後もしばらく痛かった、など痛みを感じた方が多いです。

 

息を深く吸って、ぐりぐりされるときにゆっくり吐く息に集中するのがおすすめです!

 

緊張し過ぎず、リラックスしてぐりぐりに挑みましょう!

 

内診ぐりぐりによる症状は?

 

 

内診出血

内診ぐりぐりで、いつもより強い刺激を受けるので少量の出血が起こることがあります。先生からも、出血があるかもしれないと前もって言われると思います。

心配はいらないので、お風呂も通常通りに入って問題ないです。

 

腹痛・腰痛

生理痛のような重い痛みや、お腹を壊したときのような痛みなど、感じる痛みの種類は人それぞれです。

この腹痛や腰痛が陣痛につながったという人もいます。

 

内診ぐりぐりで陣痛は起こるの?

 

f:id:Momokoji:20180324170956p:plain

 

内診グリグリをしたからといって、必ず陣痛が起こるわけではありません。

効果があるのは2日間程度なので、その2日間にしっかり運動するよう指導されます。

 

内診ぐりぐりをしてから24時間以内に陣痛が起こる人もいれば、結局陣痛が起こらなくて、促進剤を使用する人もいます。 

 

刺激の強さや子宮口の状態によって異なるので、内診ぐりぐりによって陣痛が起こるかどうかは個人差が大きいといえます。

 

せっかく刺激してもらったのであれば、少しでも効果があるように、ウォーキングやスクワットなど、無理のない程度で運動を頑張りましょう!

 

まとめ 

 

赤ちゃんが下りてない、子宮口がしっかり閉じている、と言われ続けていたので、前回の検診くらいから、「もしかして内診ぐりぐりされるんじゃ、、、」と思っていました。そのおかげで、今回の内診ぐりぐりのとき、少しは心の準備ができていたのか、痛みを感じずに済みました♪

 

もうすぐ赤ちゃんに会える!

これからまだ内診ぐりぐりを控えている方も、赤ちゃんに会うための処置と思って頑張って乗り切りましょう!!

内診ぐりぐりなんかよりもっと恐ろしいのは出産そのものなんですが、、、 

 

  

読者になってくださった皆さん、最後まで読んでくださった皆さん!

いつもありがとうございます^^

 

momo