momoの日常

犬・猫、美味しいもの、お出かけ大好き!子育てに奮闘するママのブログです♪

momoの出産体験記 vol. 1|驚きの内診ぐりぐり効果とは!?

f:id:Momokoji:20180409091141p:plain

  

こんにちは!momoです^^ 

 

2018年3月25日に無事に元気な男の子を出産したわけですが、初めての出産だったので、未知の痛みに対してかなりびびっておりました(;_;)

 

とにかくブログやSNSで出産レポを読み漁り、出産までの流れや状況を予習しまくる毎日(^_^;)

 

何も知らない私にとって、先輩ママさん達が残してくれた出産レポは、唯一のリアルな情報だったので、出産が目前にある不安な状況ではとても心強いものになりました!

 

なので私も出産を経験して、同じように不安な気持ちにある妊婦さんの何か役に立てるように、赤裸々に出産レポを書いていこうと思います!!

 

タイトルの結論から言うと、「内診ぐりぐり」の効果は絶大でした!!!

 

今回は、内診ぐりぐりから病院へ行くまでについて書いていこうと思います。

 

もちろん、内診ぐりぐりの効果は個人差が大きく、陣痛には関係なかったという方もいらっしゃるので、効果があった一例として読んでいただけたら嬉しいです。

 

 

以前あげた内診ぐりぐりの記事では、以下のことを書きました。

 

効果は個人差が大きく、ぐりぐりしたからといって必ず陣痛が促されるわけではない。

 

内診ぐりぐりの効果が期待できるのは2日間程度。内診ぐりぐりに加えて、運動をすることがとても重要。

 

内診ぐりぐりについて詳しい記事はコチラ↓↓
www.momokoji.com

  

私が実際に内診ぐりぐりをされたのが3月24日、妊娠39週2日目で午前中の妊婦検診のときでした。

 

そのときの状況は、赤ちゃんは全く下りてきていなくて、予定日まであと5日だけど、このままだと遅れるだろうね、というものでした。

 

お医者さんに「赤ちゃんは十分な大きさまで成長しているし、ちょっと刺激しとくね」と言ってぐりぐりされました!

 

せっかくぐりぐりしてもらったし、出産は怖いけどもうここまできたら産んでしまいたい!!赤ちゃんにも早く会いたい!!

 

家に帰ってからは、いつもより運動を頑張りました(9`・ω・)9

 

普段は1〜2時間程度、のんびり近所の公園に散歩へ行っていたんですが、一応いつ産まれてもおかしくない状態。

家を離れるのが少し怖かったので、家でできる運動を多めに行いました。

 

・家中の雑巾掛け×2回

・いつもより念入りにトイレ掃除 

・段差の昇降×合間時間にできる分だけ

 

短時間運動して、休憩を繰り返しました。少しの運動なのですが、大きなお腹で行うと結構疲れます(^_^;) 無理をしない程度に頑張りました!

 

夜の8時ごろ、主人と夕飯を食べていると、なんだかお腹が重い感じが。。。

痛いまではないのですが、軽い生理痛のような感じです。

そのあとお腹を下したような痛さに変わり、トイレに何度も行きました。

 

これってぐりぐりの効果かも!?

 

記事に自分で書いた通りだ!!と少しワクワクする余裕もまだまだあります。

 

夜11時頃、布団に入ったのですが、ちょうどその時から定期的にお腹が痛くなるように。

 

よく聞くのは、陣痛の間隔は初めは20〜30分間隔から始まり、だんだんと間隔が短くなって10分間隔になったら病院に電話する!という流れでした。

 

私は定期的に痛くなってきたかも!と思った夜11時頃にアプリで間隔を図りましたが、既にこのとき4〜6分間隔でした。

 

もうこんなに間隔短いの?と驚きましたが、まだまだ我慢できる痛みなので、もう少し我慢しようと思い、布団の中で様子を見ます。

 

日付が変わり25日の深夜1〜2時、少し痛みが強くなってきました。間隔は変わらず4〜6分で、痛みがあるのは1分前後。

このときはもう、陣痛が来たかもしれないという興奮と痛みで全然寝れません!

 

深夜3〜4時、随分痛みが強くなってきました。

間隔は5分台、痛みがあるのは1分前後。ほぼ安定しています!そろそろ病院に電話してみようかな?でも早い段階で行ってしまって帰されるのも嫌だな、、、と優柔不断な私は30分程悩みます(笑)

 

とりあえず病院に電話してみよう!と主人に背中を押してもらって朝4:30に電話すると、「もう来てもらって大丈夫ですよ!」とのこと。

 

事前に登録していた陣痛タクシーにも連絡すると10分で到着します、とすぐ対応してくれました。

 

陣痛タクシーについて詳しい記事はコチラ↓↓
www.momokoji.com

  

家族への連絡は主人に任せました。

私がまだまだ産まれそうにない、と散々言っていたので、家族はみんな驚いていたそう(笑)

 

入院の準備も事前にバッチリ揃えていたので、慌てることなくスムーズにタクシーに乗り込むことができました。

 

まだまだと思っていても、やっぱりいつ何があるか分かりません!

事前の準備をしっかりして、荷物を分かりやすくまとめておくことは、とても重要です!!

 

タクシーはすぐに来てくれて、無事に主人と共に病院に到着しました!

 

とりあえず病院に受け入れてもらい入院することができた…!

ひとつ段階をクリアできたような、ほっとしたような気持ちでした。

 

このとき、陣痛の痛みは強くなってきていますが、まだ我慢できるくらいです。

最終どのくらいの痛みになるんだろうと思うと恐怖でした(;_;)

  

次回は、いよいよ入院して出産するまでのお話です!

  

読者になってくださった皆さん、最後まで読んでくださった皆さん!

いつもありがとうございます^^

 

momo